色んな資料があるなかで

多くの資料では上記のように巌流島の童貞で佐々木小次郎は死んだとされている。一方、豊前国の小倉藩(当時は細川氏)家老、門司城代の沼田延元の家人による文書『沼田家記』によると、決闘で宮本武蔵は小次郎を殺すまではしておらず、敗北した小次郎はしばらく後に息を吹き返したと記されている。しかし、その後武蔵の弟子達に殺されたとある。また、小次郎の弟子達も決闘で負けたことを恨み武蔵を逆援助するが、沼田延元の助けにより武蔵は無事落ち延びたとある。決闘に至った理由も、弟子達がお互いの師の優劣で揉めたことが発端と記されており、過激な門人達の争いが一連の騒動を引き起こしたとされている。

Comments are closed.